現代人の骨格バランスが崩れている

『運動会の組体操をやめるべきだ』 現代人の骨格バランスが崩れている①

【運動会の組体操をやめるべきだ】という声が多いようです。

それは後遺症になるような怪我をするからだそうです・・・
  
  
私は、根本的な問題は、現代の子供の骨格バランスが年々
 
弱ってきているからだ。
  
   
  
組体操くらいで怪我する体になってしまっている。
 
10年後の子供はもっと弱体化しているだろう。
  
今より組体操は少なくなっているでしょう。
  

最近の子供は猫背、肩こり、腰痛なども珍しくなくなってきた。
  
前までは、子供を産んでからとか30台から肩こり、腰痛など発症していたが最近は子供がすでに、大人の生活習慣痛が多く発生している

組体操をやるか、やらないかより 
  
子供の骨格の弱体化が進んでいることの方が問題である。

関連記事

  1. 腰痛

    腰痛は、「骨格の安定」を失うと腰に負担がかかり発症する

    骨格が安定を失うと腰痛になり、骨格が安定すると腰痛は良くなります。…

  2. 立ち方

    正しい姿勢を意識して作っても意味がありません。 姿勢が悪いのは骨格バランスの崩れです

    姿勢って、「気をつけてください」とか、「意識してください」とか…

  3. 歩き方

    正しい歩き方はいろいろな人が指導していますが、間違いだらけを教えています。

    競歩の歩き方は健康に良くありません。とっても不自然です。それは膝を…

  4. 立ち方

    広島で子供がオスグットでスポーツできないなら読んでください。

    オスグットの痛みを引かせていち早く、スポーツに復帰させたいと思いますが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 未分類

    いろんな治療を受けても治らないのはなぜか?②
  2. 骨格バランス

    反力バランスは、新しい可能性を持った人体回復術です
  3. 反力バランスセミナー

    反力バランスセミナー 感想
  4. 神経自体が動く

    『筋肉の力だけで腕が上がるのでしょうか??』 医学の常識を根底から覆す発見したか…
  5. 健康な体

    スポーツチームへ世界最高峰の骨格バランス指導致します。 スポーツしても怪我をしな…
PAGE TOP