腰痛などの慢性痛が治療を受けても治らない原因

一度、慢性化した腰痛などの痛みは治療を受けても
効果は一時的に良くなることはあるが、また痛くなる事が多いのです。
ということは治っていないのです。
では、なぜ治らないのはなぜでしょうか?

「サーノ博士のヒーリング・バックペイン: 腰痛・肩こりの原因と治療」
という本の中では、
「医学が病気の本質を見誤っているから、
すなわち、正しい診断が下されていないから
蔓延するのである」
と書いてあります。
身体の痛みを病院・整形外科で診てもらうと
まず、レントゲンやMRIなどで診断される

これは痛みの原因は骨などの構造的な異常から起こるという考えを指しています。
ここには、本当の原因が見えてきません。
原因を見誤ってしまうと治らないのは当然となります。
では、慢性化した痛みをなくすには、
何が原因なのか?
○1つは、筋肉の中に通っている神経がなんらかの異常を脳へ伝えて、痛みを感じているのである。
なので、筋肉の異常を調べることが大事なのです。
○2つ目は負の感情が生理的な変化を起こし、痛みの原因となっていることです。
感情を司る心が慢性化した痛みの原因と思うことです。
この2つの原因をほぐしていくと根本的な原因が分かってくるので、
慢性痛解消の道が見えてきます。

治療には、その場しのぎの治療(対症療法)と
根本原因を見極め原因を治療する(根本療法)があります。

 

facebook

当院の場所

整体院情報

住所:734-0004 広島市南区宇品神田4丁目9-21 1階 電話番号:082-256-2003 営業時間:10:00~20:00 駐車場:店舗前3台 定休日:金曜日 予約優先  

i2i

  1. 未分類

    『医療だけに頼っていては健康になれない』
  2. 未分類

    反力トレーニングを指導してきました
  3. 腰痛

    慢性痛は、筋肉に酸素が回っていないのが原因です。
  4. 未分類

    肝臓病の新常識  肝臓が悪くなる1番の原因は薬の飲み過ぎ
  5. 未分類

    ゴットハンドに気をつけろ!
PAGE TOP