未分類

1才児から口呼吸が始まっています。

電車に乗っていると、1歳くらいの子がお母さんに抱っこされていました。

口が空いています。当然口呼吸になってしまいます。

口呼吸は呼吸器官ではありません。

口呼吸は、細菌・ウイルスを体の中に侵入させてしまいます。

鼻は細菌・ウイルスなどを粘膜で捕まえてくれます。

おしゃぶりを咥えさせて、口の周りの筋肉を鍛える事が大事です。

最近の子どもは口がポカーンと空いていることが目立ち気になります。

しかし、この子はお母さんの襟を舌を出して舐めていました。

舌を出して舐めるという行為は、舌の筋肉を発達させたり、

口の中に唾液が出てくるので良いことです。

大人になると舌を使う事が少ないために

舌が衰えてきます。舌の正しい位置は

上にペッタリひっついている位置ですが

殆どの人が下に下り前歯の裏側に引っ付いています。

これが口で呼吸をしてしまう原因の一つです

 

関連記事

  1. 未分類

    小指側のアーチができていない人がほとんどです。 足裏のアーチがバランスの鍵になる

    地球上では、下向きに自分の重さの力がかかります。その力を自分で支え…

  2. 未分類

    整体師、鍼灸師、柔道整復師の皆さんへ

    整体師、鍼灸師、柔道整復師の皆さんへ新しい概念で、慢性痛でお困りの…

  3. 未分類

    股関節の痛み 1時間歩くと大変なことに・・・

    股関節のお困り事で友人に紹介されてきた60代の女性今までの…

  4. 未分類

    『自分の体が、いかにバランスが悪いのか』を知る勉強会 反力バランス勉強会

    「腰が痛い、膝が痛い、首が痛い」と困っているというあなたは体の…

  5. 未分類

    世界一、腰痛治療をかんたんにしました。腰痛治療を新しい時代に!

    世界一、腰痛治療をかんたんにしました。腰痛治療を新しい時代に!…

  6. 未分類

    腱は生きている!? 新事実かも・・・

    バランスを研究していると分からないことだらけだ。「腱は生きている」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 反力バランス

    反力トレーニングを指導してきました
  2. 未分類

    いろんな治療を受けても治らないのはなぜか?②
  3. 未分類

    腱は生きている!? 新事実かも・・・
  4. 膝の痛み

    変形性膝関節症は、内側に体重がかかりすぎる 
  5. 反力バランスセミナー

    バランスを良くしたいなら、痛みの出ない体 ( 絶対バランス)を知ることです
PAGE TOP