未分類

1才児から口呼吸が始まっています。

電車に乗っていると、1歳くらいの子がお母さんに抱っこされていました。

口が空いています。当然口呼吸になってしまいます。

口呼吸は呼吸器官ではありません。

口呼吸は、細菌・ウイルスを体の中に侵入させてしまいます。

鼻は細菌・ウイルスなどを粘膜で捕まえてくれます。

おしゃぶりを咥えさせて、口の周りの筋肉を鍛える事が大事です。

最近の子どもは口がポカーンと空いていることが目立ち気になります。

しかし、この子はお母さんの襟を舌を出して舐めていました。

舌を出して舐めるという行為は、舌の筋肉を発達させたり、

口の中に唾液が出てくるので良いことです。

大人になると舌を使う事が少ないために

舌が衰えてきます。舌の正しい位置は

上にペッタリひっついている位置ですが

殆どの人が下に下り前歯の裏側に引っ付いています。

これが口で呼吸をしてしまう原因の一つです

 

関連記事

  1. 未分類

    体育座りは辞めて、あぐらをしよう

    子どもは、学校で、体育座りをしないといけないみたい。…

  2. 未分類

    バランス良く立つ時に、重要な筋肉は??

    バランス良く立つ時に、重要な筋肉はどこでしょうか?「丹田に力を…

  3. 未分類

    慢性痛の本質

    例えば、歩いて、股関節が痛いなど、動いて痛みが出る人は、筋肉が使え…

  4. 未分類

    痛みを“脳”で克服!“慢性痛”治療革命 ガッテン

    昨日は慢性痛のことをしていました。慢性痛に悩む人は2300万人もい…

  5. 未分類

    世界一、腰痛治療をかんたんにしました。腰痛治療を新しい時代に!

    世界一、腰痛治療をかんたんにしました。腰痛治療を新しい時代に!…

  6. 未分類

    腰痛ケア勉強会を開催しました  無理をすると腰が痛くなる

    腰痛ケア勉強会を開催しました。腰痛は一生付き合うもの?また…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 絶対バランス

    「昔のような元気で動ける体に戻りたい」と思っているなら
  2. 腰痛

    「腰痛ケア無料勉強会」のお知らせ
  3. 未分類

    痛みを“脳”で克服!“慢性痛”治療革命 ガッテン
  4. 反力バランス

    動作は筋肉のバトンタッチが上手くいくか?
  5. 未分類

    歩いてひざが痛い➡歩き方を変えればいい
PAGE TOP