未分類

1才児から口呼吸が始まっています。

電車に乗っていると、1歳くらいの子がお母さんに抱っこされていました。

口が空いています。当然口呼吸になってしまいます。

口呼吸は呼吸器官ではありません。

口呼吸は、細菌・ウイルスを体の中に侵入させてしまいます。

鼻は細菌・ウイルスなどを粘膜で捕まえてくれます。

おしゃぶりを咥えさせて、口の周りの筋肉を鍛える事が大事です。

最近の子どもは口がポカーンと空いていることが目立ち気になります。

しかし、この子はお母さんの襟を舌を出して舐めていました。

舌を出して舐めるという行為は、舌の筋肉を発達させたり、

口の中に唾液が出てくるので良いことです。

大人になると舌を使う事が少ないために

舌が衰えてきます。舌の正しい位置は

上にペッタリひっついている位置ですが

殆どの人が下に下り前歯の裏側に引っ付いています。

これが口で呼吸をしてしまう原因の一つです

 

関連記事

  1. 未分類

    足底腱膜炎は歩き方を直せば良くなる! 広島で歩き方を直したいならR.Doorへどうぞ!

    足底腱膜炎を治したかったら、歩く時に足底腱膜に負担をかけない歩き方…

  2. 未分類

    咳が治らない原因は?!

    咳が治らない人の原因(夏も冬も関係なく出る人は当てはまらないかも)…

  3. 未分類

    20年前からの腰痛がたった1ヶ月で、20代の腰が悪くなる前の体にリセットされた!       

    20年前からの腰痛がたった数回で痛みがなくなっただけでなく、  …

  4. 未分類

    水風船みたいな膝が整体で良くなった 80代の女性

    何年も膝の注射の治療を受けてきて、写真の左の膝のように水風船の…

  5. 未分類

    関節の痛みの原因は関節が安定していないから (治療家の先生向け)

    ☑筋肉に負荷かけて使っているのか? ⇒痛くなる&#x…

  6. 未分類

    広島で野球肩、野球肘の選手 反力トレーニングで肩や肘を治しましょう

    野球肩、野球肘でお困りの選手に。。。肩や肘だけ治療して治そうとして…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 未分類

    体育座りは辞めて、あぐらをしよう
  2. 未分類

    パーキンソン病の会で歩行指導などしました。
  3. 立ち方

    立ち方で重心・バランスが変わる
  4. 風邪の対処法 免疫力

    風邪は少食と安静で治す
  5. たった10秒で猫背・ストレートネックが正しい姿勢に変わる

    広島の方で、猫背を根本から改善したい方へ
PAGE TOP