顎関節症

顎の痛み(顎関節症)の原因は、口が開きっぱなし

顎の痛みや顎関節症の原因は、

顎の筋肉疲労です。

原因の一つは、普段、口が開いているからです。

口が空いていると顎の筋肉に力が入ります。

すると、顎の筋肉が疲労します。

そして筋肉が固まります。

筋肉が固まっていると当然、顎が動かしにくくなり、

クリック音がしたりする原因です。

唇の上と下がしっかりくっついていれば

額の筋肉はリラックスできます。

観察していると、口が空いている人が多いです。

口が空いていると、唇は乾燥して、ひび割れしたりします。

また、口呼吸になります。

口をとじて、鼻呼吸の習慣にすることが

顎の根本的に解決する方法です。

njxf

ghAD

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. アールドア整体院について

    釣り竿のようにしなる体を作り、痛みの無い体へ 【バランス感覚を取り戻しましょう】…
  2. 未分類

    小指側のアーチができていない人がほとんどです。 足裏のアーチがバランスの鍵になる…
  3. 未分類

    人間も植物も細菌の力が健康の鍵
  4. 未分類

    反力バランス勉強会 9/23(日曜日) In 広島
  5. 未分類

    スポーツ障害を防止するには、1つ、間違った練習を辞めること
PAGE TOP