顎関節症

顎の痛み(顎関節症)の原因は、口が開きっぱなし

顎の痛みや顎関節症の原因は、

顎の筋肉疲労です。

原因の一つは、普段、口が開いているからです。

口が空いていると顎の筋肉に力が入ります。

すると、顎の筋肉が疲労します。

そして筋肉が固まります。

筋肉が固まっていると当然、顎が動かしにくくなり、

クリック音がしたりする原因です。

唇の上と下がしっかりくっついていれば

額の筋肉はリラックスできます。

観察していると、口が空いている人が多いです。

口が空いていると、唇は乾燥して、ひび割れしたりします。

また、口呼吸になります。

口をとじて、鼻呼吸の習慣にすることが

顎の根本的に解決する方法です。

njxf

ghAD

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 未分類

    『医療だけに頼っていては健康になれない』
  2. 未分類

    1才児から口呼吸が始まっています。
  3. 風邪の対処法 免疫力

    風邪は少食と安静で治す
  4. 未分類

    痛みを“脳”で克服!“慢性痛”治療革命 ガッテン
  5. 未分類

    『自分の体が、いかにバランスが悪いのか』を知る勉強会 反力バランス勉強会
PAGE TOP