脊柱菅狭窄症

脊柱菅狭窄症の一番の原因は歩き方です。

脊柱菅狭窄症の一番の原因は歩き方です。

しかし、この歩き方に問題があることを

お医者さんも治療家も見抜けていません。

なので、一番の問題点が本人が自覚できないので、

歩き方が改善しません。

背骨の治療を受けても歩き方がまずいと

元通りになってしまいます。

脊柱菅狭窄症の人は脊柱管に負担のかからない歩き方を

習得して、その歩き方を日常に取り入れることが

最も脊柱菅狭窄症を克服できる法法ではないでしょうか??

関連記事

  1. 脊柱菅狭窄症

    脊柱菅狭窄症は背骨の負担のかかる歩き方を変えない限り良くならない

    左の動画:痛みの出る背骨や足に負担のかかる歩き方  右の動画:…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 首の痛み

    首が痛い人 首がリラックスできていないだけですよ 
  2. 未分類

    歩いてひざが痛い➡歩き方を変えればいい
  3. 健康な体

    スポーツチームへ世界最高峰の骨格バランス指導致します。 スポーツしても怪我をしな…
  4. 反力バランス

    反力バランスセミナー開催しました。関東からの先生も2名参加
  5. 未分類

    体育座りは辞めて、あぐらをしよう
PAGE TOP