脊柱菅狭窄症

脊柱菅狭窄症の一番の原因は歩き方です。

脊柱菅狭窄症の一番の原因は歩き方です。

しかし、この歩き方に問題があることを

お医者さんも治療家も見抜けていません。

なので、一番の問題点が本人が自覚できないので、

歩き方が改善しません。

背骨の治療を受けても歩き方がまずいと

元通りになってしまいます。

脊柱菅狭窄症の人は脊柱管に負担のかからない歩き方を

習得して、その歩き方を日常に取り入れることが

最も脊柱菅狭窄症を克服できる法法ではないでしょうか??

関連記事

  1. 脊柱菅狭窄症

    脊柱菅狭窄症は背骨の負担のかかる歩き方を変えない限り良くならない

    左の動画:痛みの出る背骨や足に負担のかかる歩き方  右の動画:…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 未分類

    慢性痛を治したかったら、「魚を与えるのではなく釣り方を教えよ」
  2. 変形性膝関節症

    常識的な正しい歩き方をすると膝を痛める
  3. 未分類

    腰痛改善体験会で感想もらいました。『地球で生きていくことのための基本動作の大切さ…
  4. 身体の歪み・検査

    片方のみ足が痛い場合、骨盤が歪んでいるかチェックする方法
  5. 未分類

    パーキンソン病の会で歩行指導などしました。
PAGE TOP