脊柱菅狭窄症

脊柱菅狭窄症は背骨の負担のかかる歩き方を変えない限り良くならない

左の動画:痛みの出る背骨や足に負担のかかる歩き方
  
右の動画:「クッション歩き」 痛みがなくなりました

 

脊柱間狭窄症で足が痛くて歩けないのが、
《クッション歩き》で、即、楽に歩けました。

脊柱間狭窄症の人は背骨や足に負担をかけて歩いています。

背骨や足に負荷がかかる歩き方をしている限り、

脊柱管狭窄症では治りません。
  
  
最初はおじいちゃんのような歩き方で、体が前に倒れていたのですが、
『クッション歩き方』してたら、体が起きて前を向いて歩けるようになりました。

脊柱間狭窄症の手術をして、

1年経つとまた同じように痛くなったと
よく聞きます。

  
手術しても、背骨に負担をかける歩き方ではまた問題が起こるのです。

歩き方の常識で、
かかとから着地して、
小指から、親指に体重を移動させる
という歩き方が良い歩き方とは言えません!

「体の前に倒して歩いてはいけない!」

  

  
  

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA