反力バランス

反力バランスセミナー【第4回】 詳細

【第4回】絶対バランス 全身バランスチェック
上肢の痛み50肩、肘の痛み テニス肘 野球肩 手首の痛み 腱鞘炎 ばね指  バランストレーニング  むくむ 足がつる 冷える 血圧が高い

○絶対音感を持っている人がいるように、絶対バランスというものがあります。
音感もドレミ・・・と音が上がっていくなど学習する必要がありますね。
体のバランスも覚える必要があるのです。
なぜなら、治療院に来る人や施術を受けに来るほとんどの人がバランスを感じずに力技で生活しているからです。
力ではなく、バランス感覚で生活することが大事なのです。
これをクライアントに指導できるようにします。

絶対バランスを持っているかの検査が数種類あります。
これらをなんなくこなせる人は絶対バランスがあります。
できない人はバランスが良くないので、バランス修正する必要があります。

バランスを持っている人はどんな動きをしても体を痛めたり、体がこるリスクが少ないのです。

バランスがないから、間違ったバランスで生活しているから、肩こりや腰痛などを引き起こすのです。

では何をしないといけないのか本人も自覚できるのです。

○腕を上げると肩が痛い人は、間違った方法で腕を上げています。
本人が間違いに気づき、また間違った動きにサポートすることで
腕を上げての肩の痛みを楽にします

○肘の痛み、肘の単純な曲げ伸ばしでなぜ、痛みが出ているのか?解説します。解説で分かれば何をしたら痛みなく肘の曲げ伸ばしができるかが変わります。
この単純な原因が分かると分からないとでは治療に大きな差が生まれます。

○手首を動かして痛いのをその場で痛みなく動かす方法があります。痛みが出ない法則があるので、その法則に従って手首を動かしてもらいます。そうすると手首を動かしても大丈夫になります。

○ばね指になる人の指の動きに特徴があります。正しい手順で動かしたら引っかかりがなくなるのを解説します。
  
○このトレーニングをするだけで全身のバランスが良くなるトレーニングを教えます。
バランスを良くする目的のトレーニングで筋肉をつけたり、筋肉を鍛えたりする目的ではありません。

筋肉をストレッチしても筋トレしてもバランスはほとんど変わりません。
バランスは感覚です。感覚を磨く必要があります。

このトレーニングはアスリートのケガ防止にも繋がります。

筋肉を鍛えて、スポーツ障害を予防するのには無理があると思います。
スポーツ障害が起こる原因はバランスが崩れてそれをかばってなんとかしようとして変に力が入って痛みが出ます。

大元のバランスが崩れない事が大事なのです。
これは何回も言いますが、筋力でバランスを良くしようとするのは間違いです。筋力は必要ですが・・・

○スポーツで高タイムを出すための動きを解説します。
ランナー、水泳、トライアスロン

○むくむ 足がつる 冷える 血圧が高い
これらはどんな状態が引き起こすのか?解説します。

関連記事

  1. 骨格バランス

    反力バランス勉強会 (7/17 名古屋 7/18 大阪 7/19 広島 )緊急開催します

    反力バランス勉強会を緊急開催します【 7/17(火曜)名古屋  7…

  2. 身体の歪み・検査

    最悪な立ち方で首コリ、背中の張り、腰痛は慢性化する

    図のような立ち方だと自然に踵1点立ちです。…

  3. 腰痛

    整形外科では教えてもらえない、痛みが出ない動き方を指導します 反力バランス

    当院は反力バランスで痛みが出ない動き方を指導します。腰を曲げて痛い…

  4. 反力バランス

    広島で側弯症でお困りの方 バランスを良くして側弯症改善しませんか?

    側弯症は治療法がないと言われていますね。それは、今まで骨格バラ…

  5. 反力バランス

    反力バランスセミナー【第2回】 詳細

    【第2回】バランスの取り方 歩き方 脊柱菅狭窄症 椎間板ヘルニア 股関…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 酸欠

    呼吸クイズ その2
  2. 未分類

    痛みを“脳”で克服!“慢性痛”治療革命 ガッテン
  3. 未分類

    いろんな治療を受けても治らないのはなぜか?②
  4. 未分類

    フェイスブックもやっています。友達申請お待ちしております
  5. 未分類

    股関節の痛み 1時間歩くと大変なことに・・・
PAGE TOP