未分類

1才児から口呼吸が始まっています。

電車に乗っていると、1歳くらいの子がお母さんに抱っこされていました。

口が空いています。当然口呼吸になってしまいます。

口呼吸は呼吸器官ではありません。

口呼吸は、細菌・ウイルスを体の中に侵入させてしまいます。

鼻は細菌・ウイルスなどを粘膜で捕まえてくれます。

おしゃぶりを咥えさせて、口の周りの筋肉を鍛える事が大事です。

最近の子どもは口がポカーンと空いていることが目立ち気になります。

しかし、この子はお母さんの襟を舌を出して舐めていました。

舌を出して舐めるという行為は、舌の筋肉を発達させたり、

口の中に唾液が出てくるので良いことです。

大人になると舌を使う事が少ないために

舌が衰えてきます。舌の正しい位置は

上にペッタリひっついている位置ですが

殆どの人が下に下り前歯の裏側に引っ付いています。

これが口で呼吸をしてしまう原因の一つです

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA