ゴットハンド

痛み取り屋を卒業しました

1年前まで、整体を15年以上勉強してきました。
  
たくさんの療法、技術を学んできました。

どうやって、患者さんの主訴を取り除くか

どういう技を使えば、再現性が高く、

どんな患者さんの痛みも取れる最強技を追求してきました。

短時間で治療する先生ほど、憧れました。

無駄を一切省いて、重要なことのみする

リラクゼーションとは違う

本物の治療を目指してやっていました。
  
それでも痛みが取れなかったり、満足な結果が出なかったりしました。
  
  
痛みが取れなかった時は師匠に電話して聞いてみたり、
  
でも、痛みの取れなかった理由が分からない
  
  
この時に方向転換をしないといけないと気づきました。
  
なんで、痛みが出ているのか?
  
一番の原因は何なのか?

ふと疑問が湧きました。
  
治し方、痛みの取り方ばかり勉強してきた。
  
  
もっと体の事を勉強し直さないと、、、

痛みの取り方ばかり勉強しても
 
体のバランスのことは全く勉強できないことが分かりました。

  
療法をしていたことは、今思うに全くの無知でした。
  
痛み取り屋さんでした。
  
患部を触らず、痛みを取ることが根本療法だと思っていました。
  
ほとんど刺激をしないで痛みを取るのが最高の治療と思っていました。
  
  
今思えば、患者さんの主訴を取り除く目的でしている時点で

対症療法だと気づきました。

主訴を治療で解消できても

症状がなくなっただけで、原因は残ったまま

健康な体になっていない。

バランス良い健康な体とは何か、バランスの勉強をして

はじめて分かりました。

当院は健康な体に変える事を目的としたバランス院です

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA