未分類

「魔法の下駄(仮)」を開発しました。バランスが良くなる下駄

今まで散々、靴やシューズを履くことで、
体のバランスがおかしくなったと言ってきました。

しかし、医学もこの問題を見過ごしてきています。

腰痛や膝が痛くなる、脊柱菅狭窄症など靴やシューズを

履くことで骨格バランスが崩れて発症するのです。

よく筋力不足だとか体重を多いから、

膝や腰が痛くなると間違ったことが一般的に
信じられています。

私は、体のバランスが良くなるシューズも作れるのではないかと
思い、足裏がアーチ構造ができるような木を噛ませてシューズを
作りました。
この試作品で膝が痛くて走れなかった人が走れるようになりました。

それで、「魔法の下駄」と名付けました。

しかし、魔法の下駄を履くだけでは、あまり効果がありません。

歩くバランスが変わらないといけないのです。

なので、歩き方を学ぶ必要があります。

一般的な靴では、歩き方が変わりにくい。

そのために、魔法の下駄を開発しているのです。

下記の画像で歩くバランスの違いが分かるでしょうか?

歩く時にどこにどうやって力をかけて歩くのか

力のかけ方が違うと当然歩幅が変わります。

↓右足着地寸前の所を比較しています

力のかけ方が違うと体の構造的な安定性・バランスが変わるのです。

着地の時もどうやって、体の重みを制御するのか?
ここらへんがポイントとなります。

「魔法の下駄」は歩くという人間の基本中の基本を改善させるための靴です。

現在、何種類も作って履いてみています。

とても良いものが数パターン確認できました。

これから、徐々に作って、欲しい方に販売していきます。

もう少々お待ち下さい~

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。