腰痛

腰痛や膝が痛いなどの問題は、骨格が安定していないからです。

腰痛や膝が痛いなどの問題は、骨格が安定していないからです。

体の痛みの一番の問題は骨格が不安定になっていることです。

しかし、医師や治療している先生は、この骨格の不安定になっていることに気づいていません。

なので、根本から腰痛や膝の痛みなどを解決する事ができません。

骨格の不安定と言っても医師や治療している先生はよく分からないのが現状なのです。

分からないから、筋肉をほぐす、温める、電気治療で刺激を与えるなどして、痛みを抑えようとします。

治療家の先生は体を緩めれば、痛みが楽になっていることを知っているので、体を緩める施術を研究しています。
または、骨盤の位置を正しい位置に戻せば、痛みが楽になることも知っているので、

骨盤の矯正法の技術向上を目指しています。

しかし、体を緩めなければいけないほど、体が固まるのか?

骨盤のを矯正しないといけないほど、骨盤に負荷がかかるのか?

ここが根本的なことだと思うのですが、ここは先生達は考えようとしていません。

とにかく、目の前の痛みを取ることに集中して、なぜ、痛みが出るのか?

という根本の所 腰痛の原因については考えません。

私は、なぜ、腰痛になるのか?探求して、骨格の不安定という事が分かりました。

これは他人が施術してもほとんど変わりません。

本人が間違ったクセに気づいて、正しい体の使い方を練習することで変わるものです。

骨格の動かし方、バランスの取り方を学びませんか?

腰痛や膝の問題の根っこの部分をなくしましょう

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA