未分類

将来の心配が痛みの原因になる 「進学して、うまくやっていけるか??」

昨日もバスケットチームでレクチャーしてきました。
中学3年生の選手が腰痛や捻挫で練習に参加できてませんでした。

その子らは、4月からバスケットの強豪校へ進学します。
そこで、うまくやっていけるのか?
自分のバスケットが通用するのかどうか?
今まで感じたことがない不安や心配が無意識レベルが蓄積してきます。
それらを無視しておきたいために、腰痛や足首に痛みが出して、意識を体に向けさて、心配や不安から気をまぎらわせるように、無意識の脳は、痛みを作ります。

もちろん、腰が固まりすぎていたり、足裏の安定がなくて、捻挫が治らないという体から起こる原因もあります

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA