脊柱菅狭窄症

脊柱菅狭窄症の一番の原因は歩き方です。

脊柱菅狭窄症の一番の原因は歩き方です。

しかし、この歩き方に問題があることを

お医者さんも治療家も見抜けていません。

なので、一番の問題点が本人が自覚できないので、

歩き方が改善しません。

背骨の治療を受けても歩き方がまずいと

元通りになってしまいます。

脊柱菅狭窄症の人は脊柱管に負担のかからない歩き方を

習得して、その歩き方を日常に取り入れることが

最も脊柱菅狭窄症を克服できる法法ではないでしょうか??

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA