現代人の骨格バランスが崩れている

オスグットの本質を理解して、根っこの部分から治すには! 広島でオスグットでお困りなら

オスグットは成長しているから、という原因は50%として、

後の50%は骨格のバランスの悪さです。

オスグットの子供は膝が不安定なのです。

不安定だと膝周りを筋肉を固めて、
なんとか体重を支えようとしてしまいます。
(膝という関節は、地面に近い方に位置しているので、、、)

膝で体重を支えてはいけないのですが、

オスグットの子供は膝で体重をうけて、

膝の前面に過負荷がかかり、痛みが出るのです。

しかし、このオスグットの本質が知られていないので、

ストレッチや太腿の筋肉をほぐしたり、

対症療法でしかない治療が全国で行われています。

バランスを改善して、膝で体重を受けないバランスに変えないと

オスグットは根本改善しないのです。

だったら、全身の体重を膝にかけないでどこで、

支えるのが正解なのか?

それは足の指・足裏の力で作る足裏アーチとなります。

オスグットの子供は100%アーチが崩壊しています。

足裏アーチは全身の骨格の土台となるところです。

アーチが土台として機能しないので、膝関節が体重を受けてしまい、

オスグットの痛みが出るのです。

根本改善したいなら、骨格のバランスを土台から作る必要があります。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA