体の使い方

1本下駄って、意味あるの? スポーツ選手が1本下駄履く意味があるのか?

1本下駄って、意味ある?
 
テレビで高校野球の選手が、1本下駄を履いて生活していました。
 
野球選手が1本下駄を履いて、生活したら、
バランスが良くなり、野球が上達すると思いますか?
 
スケートの選手は効果があるかもしれません。
 
スポーツによって、何にバランスを取って行うスポーツなのか、
理解できていないといけないのに、
それが分からず、指導してしまっている先生が多いです。
 
勉強不足で間違った指導をしています。
 
例えば、野球がスパイクを履くのを禁止して、
 
1本下駄を履いて、野球しなくてはいけないルールだとしたら、
 
普段から、1本下駄を履いていた方が野球するのに有利ですね。
 
しかし、実際はスパイクを食い込ませて、グランドに圧をかけて、
バッティングやピッチングを行います。
 
つま先でターンしたり、かかとでターンしたり、
 
つま先でブレーキを掛けたり、地面に対して、力をかけて、
 
足首や膝のクッションをいかして、その反力をもらって、
 
背骨に力を伝えて、肩甲骨から腕、手とパワーが伝達させて、
 
バッティングやピッチングをするのですから。
 
大抵の先生、トレーナーは間違ったことを指導しています。
 
尾道高校のラグビー選手が、裸足で相撲を取っていました。
これは大正解です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA