あぐら椅子

『あぐら椅子』を開発しました!

椅子に座った姿勢に問題があって、

デスクワークでの腰痛や肩こりが

引き起こされるのをご存知ですか?

腰痛や肩こりだけではありません。

椅子に座ることで、ねこ背になったり、

ストレートネックになったり、

背中が反りすぎてしまったり、

背骨の形がおかしくなったり、

呼吸がおかしくなったり、

いろいろな健康被害が起きています。

しかし医学では、椅子の座ることに

問題があることが研究されていません。

椅子に座ることで何が問題なのかというと

椅子に座ると上半身が不安定になっているのです。

不安定になっているのを筋肉を緊張させて固くして、

上半身がグラつかないように無理を強いられているのです。

 

 

 

 

 

 

↑腰回りを固めている。背骨もロックされている。

背骨が動かなくなるのは危険です。

椅子に上手く座れない日本人

私達、日本に椅子の文化が入ってきたのは、まだ100年位ではないでしょうか?

戦後急速に、西洋文化が入ってきて、テーブルと椅子の生活がはじまりました。

下図のように座っている。子供もかわいそう。

子供にダイニングテーブルは合いません。
背骨がおかしくなるリスクが大きいです

昔は、お膳に正座やあぐらでした。

この方がバランスが取りやすいのです。

学校も会社も畳にして、ちゃぶ台、お膳テーブルにして、椅子に座らない方が健康体になります。

椅子やソファ生活をしている日本人は、股関節が開かなくなり、

まともなあぐら姿勢が取れなくなっています。

そこで、私は、あぐら椅子を開発しました。

あぐらもできますが、普通に足を下ろして、座っても良い。

とても体が安定しやすいのです。

市販されている椅子と比べると、全く違う座るバランスになることが分かります

 
 

座った瞬間、腰に負荷がかからず、楽に体を動かせることに感動しました。
楽に動くということは、上半身が安定していることを示します。
普通の椅子では、背骨や肩が固まりやすいので、自由自在に動かすことができないのです。

筋肉がリラックスできることを実現できる椅子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校も会社もダイニングもテーブルと椅子になりました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA