首の痛み

誰も知らない首痛の真実

首が重心軸に入っていない

下のイラストの人は背筋が伸びて、正しい姿勢に見えますか?
実は、この姿勢が首が痛くなる原因だと信じられますか?

人間の体は構造体です。
体のど真ん中に支柱が必要なのです。
この支柱が機能しなければ、
重い頭を支える事が困難になります

正しい立ち方の重心バランス軸は腰骨を通ります。
しかし、上のイラストは体の後ろ側にラインが入っています。

すると背中を首の筋肉を固めて姿勢を維持してしまいます。
下のイラストのように

この姿勢では首だけではなく、背中、腰の筋肉
を緊張させてしまいます。
常時、緊張したを強いられた筋肉の悲鳴が痛み
となります。
重心バランスを感じて、姿勢を変えなければ、
首の痛みが根本から良くならないのです。

よって、首だけ治療しても意味がないのです。
全身の重心バランスが変わらないといけないのです。
 
当バランス院では、全身の重心軸を感知できるようになり、
重心軸によって、頭の重みを支えれるようになる
レッスンをしております。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA