身体の歪み・検査

最悪な立ち方で首コリ、背中の張り、腰痛は慢性化する

 

図のような立ち方だと自然に踵1点立ちです。
足先がハの字になって、体の中心に近い踵に
自然に重心が集まります。
このような立ち方をしている人が多いですね。
大事な親指に体重はかかっていません。

 

上の2つの絵を見て分かりましたか?

どこに重心が集まりやすい足なのか?

立ち方でバランスが色々変わるのです。

 

 

 

横から見るとお腹や背部が頑張って姿勢を作っています。
背骨のS時カーブは全く機能していません。

 

下図のように前に倒れているのも
母子球立ちです。
足裏アーチなど機能していません。
アーチが機能していたら、
頭が前に出ることはありません。

これを直さない限り、何をしても無駄になります。
立ち方など本人が直さない限り、良くなりません。
バランス良い立ち方は簡単ではありません。
バランスは感覚ですから。。。

 

 

この2人の男性も体を後ろに倒しているタイプですね。
体が後ろに倒れている時点で背骨のS字カーブの
クッション・バネは効いていません。

バランス良くすると体がまっすぐ目線は水平になります。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA