未分類

本物の健康な体とは、どんな体なのでしょうか?

本物の健康な体とは、どんな体なのでしょうか?

これが分からなければ、本物の改善したかどうか分からないのです。

例えば、骨盤矯正してもらって、骨盤が整ったら

本物の健康な体になったのでしょうか?

残念ながら、骨盤矯正を受けたからといって、

健康な体になったわけではありません。

矯正後、痛みが取れたり、体が調子良くなること

はありますが、基本的には体は変わっていません。

その証拠にまた骨盤がズレて、腰痛になるからです。

治療を受けて、症状が楽になったかもしれませんが、

時間が経つごとに元の体に戻っていくようでは、

本物の改善とは言えないのです。

ぎっくり腰などの急性痛は整体などの

施術を受ければ楽になることが多いです。

施術受けなくても基本的に快方へ向かうでしょう。

しかし、ぎっくり腰の痛みがなくなったからといって、

腰痛が治ったわけではない。

年に数回ぎっくり腰になる人は多いでしょう。

本物の改善とは、もうぎっくり腰にならない体

を作ることです。

これは、整体などの施術を受けても期待できません。

自分自身で自分の間違った体の癖を

治すことが必修です。

そのために、当院では自分の体がどのように

体をかばっていたり、不必要な力を入れていたり、

逆に、必要な力を入れていなかったりを具体的に

リアルに分かるように教えています。

バランス良く安定しているのか、

または構造的に不安定になっているのか、

分かるように教えています。

そうやって取り組むことでバランス良く

骨格の軸を使えるようになることで

本物の改善を期待できるのです。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。