新しい体の使い方

新しい打撃スタイル 【インパクトを先に作る】

先にインパクト姿勢を作り、そこからテイクボックする

ゴルフと同じような手順です。

頭が動かないので、ボールの軌道を捉えやすい

テニスのような体の開き

落合選手のような足の開き

体の軸を使いたい

打撃はインパクトが決まれば勝手にボールは飛ぶと思うので、
まずそこがイメージできるようになるためにもインパクトポイントを
持っていって、そこからテイクバックする

村上宗隆選手もインパクトポイントが大事だと話しています

村上宗隆選手(東京ヤクルトスワローズ)は体の中で打つ意識を持っている

左肩を残して打つと解説していました。引っ掛けないために、体の中で打つイメージがあるそうです。

吉田正尚選手も体の軸で打つイメージを持っている

吉田正尚選手が頭の位置を決めて、体の軸を意識するために、

横からトスしたボールを打つ練習しています

「頭が前に突っ込むと良くない」と話されています

コメント

この記事へのコメントはありません。