腰痛

くの字バランスで立つから、腰痛や猫背になる

上記のように、くの字で立っている人が多いのです。

軸が傾いてしまっています。

パターンは皆一緒です。

太ももが前に倒れて、お腹が前に出る。

体はそれにバランスを取るために、後傾になる。

くの字の完成

くの字では、体を支えるという柱=軸の役目を果たせず、 筋肉に負荷がかかる。

 

・杭=大腿骨

・家の柱=背骨 と考えて下さい。

赤い部分の腰の筋肉を固めて、

つっかえ棒のようにする。

すると腰の筋肉は伸び縮みできなくなる。

腰を反らすと赤野部分が圧迫されて、痛みが出る。

根本的なことは、立っている時に、軸がしゃんとしていないのです。

軸が倒れて、傾き「くの字」になりしのいでいる。

このように立っている人が非常に多い。

1番問題なのが、ものすごく骨格が崩れているけど、

この問題の深刻さに本人が自覚していないのです。

それは、骨格のことが誰もわからないから。

とにかく頭に浮かぶのは、「筋トレ」「体幹トレーニング」ではないでしょうか?

残念ながら、筋肉を鍛えても崩れた骨格がしゃんとすることはありません。

体は骨・骨組みでささえないといけないのです。

筋肉をいくら鍛えても意味がないのです。

軸がいるのです。軸は骨によって成り立ちます。

 

いつから日本人がまともに立てなくなってしまったのか、、、

外を歩いている人を見ると50%の人が頭が下がり歩いています。

頭が下がるということは、軸が抜けているのです。

このままだと日本人の骨格は崩壊してしまいます。

杖をつくのは当たりまえ。

このままでは、介護ロボットに頼らないと立って歩けなくなります。

立つバランスは土台を作り、その上にしっかりした軸を立てる

そのために立ち方・立つバランスを良くするボードを開発しました。

反力バランスオンラインで人間の骨格構造について学びませんか?
「反って痛い」腰痛の治し方をさらに解説しています。
↓  ↓  ↓


反力バランスボード
↓  ↓  ↓

歩く時は、前にバランス崩して、歩いている人が多い。
するとお尻や太ももに負荷がかかり、脊柱管狭窄症になり、痛みやしびれが出て、跛行になる

 

『反力バランスボード』を作った理由前のページ

『ばね指』の治し方! 自分で治せる方法 ばね指の原因は何?次のページ

ピックアップ記事

  1. 「反力バランス 前屈マニュアルDVD」を発売予定です!
  2. 腰痛の真実 腰痛治療をしている先生も知らない腰痛の本質
  3. 『反力バランス-オンライン-』をはじめました
  4. 「反力バランス 立ち方 ・立位バランスDVD」を発売します!!!
  5. 整体をはじめて、16年間の洗脳から目覚めました!

関連記事

  1. 反力バランスボード

    『反力バランスボード』を作った理由

    反力バランスボードを作ったのは、現代人の骨格・背骨がおかしくなって…

  2. 腰痛

    腰痛は他人に治療してもらうものと思っていませんか?   

    腰痛は他人に治療してもらうものと思っていませんか?  …

  3. 身体の歪み・検査

    腰が痛くて、夜寝返りもできない

    立った状態を見ると左に傾いている左のお腹が前に出ている。…

  4. 腰痛

    整形外科では教えてもらえない、痛みが出ない動き方を指導します 反力バランス

    当院は反力バランスで痛みが出ない動き方を指導します。腰を曲げて痛い…

  5. 腰痛

    慢性腰痛の原因は間違ったバランスを直さないといけない!

    長年の腰痛持ちの人は、日常生活で腰に負担をかける生活をしています。…

  6. 腰痛

    「自分の体に向き合えない」から腰痛は治らないのである。

    ☑ 腰痛は、「痛み止め薬」や「湿布」で痛みが引かせるも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 反力バランスDVD

    「反力バランス 前屈マニュアルDVD」を発売予定です!
  2. 絶対バランス

    整体をはじめて、16年間の洗脳から目覚めました!
  3. 反力バランスDVD

    「反力バランス 立ち方 ・立位バランスDVD」を発売します!!!
  4. 反力バランスオンライン

    『反力バランス-オンライン-』をはじめました
  5. 反力バランスセミナー

    反力バランスDVDを販売しております
PAGE TOP