健康な体

「腔で身体を支える」 ありえない話と思う

昔、「腔で身体を支える」と聞いて、
 
そういう物なのかな~と思っていたけど、
 
今は、「腔で支える」なんてありえない
と思う。

  
 
本来、人間は「骨組みで身体を支える」生き物です。
 
現代人は、骨組み(骨格)がうまく機能していない人が多い。

骨格が大事なのに、骨格のことはほとんど無視されている。
 
筋力とか筋膜とか流行っている
 
骨格を使えるようになるのは、
現代人は相当、勉強する必要がある。
 
筋力って、筋トレすれば、強くなる
(本物の筋トレは、かなり勉強が必要だと思うが。)

骨格の役割を具体的に理解できている人がいない。

骨格のことが分からないから、「腔で身体を支える」というでたらめな話し

を言う人が出てきてしまっている。
 
「腹圧で支える」というのは、少し分かるけど、
 
しかし、きちんと骨格を使える人は、

「腹圧」は補助的に使うことがある程度です。
 
だから、骨格が使える人は「腹圧で支える)とは言わない。
 
骨=骨格を上手く使えない人が「腹圧で支える」と表現します

腹圧で身体を支えている人は、動画のように、
 
軽くお腹を押されただけで、後ろにバランスを崩します。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。