歩き方

かかとが痛いのは歩き方を直せばいい 広島市で骨格バランス良くするなら、

歩いて、かかとが痛くなるのは、かかとに負荷がかかり過ぎている事が原因です。

歩いている時に、かかとに体重が載りすぎているのです。
着地の瞬間に踵の1点で自分の体重を受けているからです。

着地を点でするのではなくて、
面で受ければ、かかとの負担は、かなり軽減します。
足の指を上手く使えばいいだけのことです。

しかし、膝を伸ばしてかかとから着地するのが正しいと信じている人は、なかなか歩き方を変えられません。

正しいバランスで歩けば、かかとの痛みはすぐなくなります。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA